HOMEアクセス予約方法・無料体験当院の診療方針適応と不適応ネット割引診療案内・施術料金診療カレンダー

 

= 産後ケアとカイロ =

 

産後は、出歩ける程度に回復しましたら、出産でダメージを抱えた骨盤・背骨をカイロでケアするのが

望ましいですよ。

出産は体にとってとても大きな負担・負荷で、その後の骨組みの状態に大きく関わってきます。

 

 

妊娠末期(出産予定日から遡って1ヶ月前くらい〜の時期です)に差し掛かりますと、関節の靭帯を柔らかくする

リラキシンというホルモンが分泌され、骨盤の前方の関節(恥骨結合)や後方の関節(仙腸関節)が広がりやすく

なります。

つまり、出産前の骨盤よりも出産時の骨盤の方が広がって大きく柔らかくなり、分娩をしやすく変化していると

いうことです。

この関節を柔らかくするリラキシンの影響は、産後も2ヶ月くらい続きます。

この期間は、リラキシンの効果によって骨盤の関節が柔らかく不安定といえます。

ですから、出産自体もさることながら、出産後の生活スタイルやケアがとても大切になると言えます。

 

最近では、産院さんで出産前・出産後に妊産婦用骨盤ベルトで関節を固定し保護するところが増えましたので

以前よりも産後の骨盤関わりのトラブルが減ってきましたが、それでもかなりの方から産後ケアのお申し出を

頂いているのが現状です。

 

この産後2ヶ月を無理せず無難に過ごせると良いのでしょうが、それぞれの環境でなかなか十分に回復できず

妊産婦用骨盤ベルトの保護だけでは追いつかずに、背骨・骨盤の歪みを発症してしまいやすいですね。

また、産児の大きさや骨盤下腔の状態によっては恥骨結合離解の成り掛けや、なってしまう方もいらっしゃいます。

 

出産前に背骨・骨盤の歪みをある程度以上に抱えていらっしゃいますと、出産という大きな負荷によって

さらに不安定な状態に陥ってしまうこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 HOMEアクセス予約方法・無料体験当院の診療方針適応と不適応ネット割引診療案内・施術料金診療カレンダー